全身脱毛の前におさらい。そもそも永久脱毛って何?脱毛サロンと医療脱毛の違いを解説

永久脱毛は簡単に説明をすると、一度施術した部分については毛が生えてくることはまずない状態ということ。
意味としては、もう二度と毛が生えてこないということでもあるので、自己処理をせずに済むわけです。

 

永久脱毛とは本来医療レーザー脱毛のことや電気針を使ったニードル脱毛のことを指すのですが、最近ではエステのフラッシュ脱毛も含めて何かしらの脱毛施術を受けることを「永久脱毛」と呼んでいる傾向がありますね。

 

以下、本来の意味での永久脱毛について書いていきます。

 

永久脱毛はメリットが多いと言われていますが、もちろんすべての方が満足できているというわけではありません。
永久脱毛は意味がないということはなく、エステサロンで行う脱毛よりは格段に効果もありますし永久的に毛が生えてこないのも事実です。

 

ですが、脱毛器によっては永久脱毛の効果が現れにくいので、自分にあった脱毛方法を選ぶことが大切です。
永久脱毛で失敗しないためには、事前の情報収集が何よりも大切です。本当に永久脱毛なのかどうかは自分の肌で感じるものなので、人それぞれ効果の感じ方が違うのも当然。

 

どこまでで満足と感じるか、毛が少なくなればいいのか、それとも産毛までキレイになくしたいのかによっても変わってきます。永久脱毛をすることは決して悪いことではありません。
手間暇かけて自己処理をするよりはお肌への負担も少なくなりますし、永久脱毛をしたことで前向きな気持ちになれればそれはそれでいいと思いませんか?

 

永久脱毛をしたら本当に毛は一生生えないものなのか

永久脱毛は医療機関でのみ行うことができる脱毛になります。
これは法律で定められており、脱毛サロンで永久脱毛という言葉を使うと違法になります。
脱毛サロンで永久脱毛と言っていたら、法律についてきちんと理解していないサロンになるので注意してください。

 

医療機関で行われる永久脱毛はレーザー脱毛です。
レーザー脱毛はレーザーを毛の一本一本当てていきます。
毛が作られる毛の工場をそのまま攻撃する形になります。
そして、毛を再び生えてこないようにするというものです。

 

この施術をしたら毛は一本生えないと思いがちですが、残念ながら産毛程度が生えてくる場合もあります。
理論上では、毛の工場ごと攻撃しているので生えてこないということになりますが、しぶとい毛は生えてきます。
永久脱毛の定義としては脱毛が完了してから一ヶ月後の時点で毛の再生率が20%以下なので、0%でなくても永久脱毛といえるのです。

 

レーザー脱毛は脱毛サロンで使われる光脱毛と違い、痛みを伴いやすく、施術後毛穴が赤くなったり、危険も伴いやすいです。
しかし、光脱毛は毛がなくなるまでかなりの期間がかかるので、施術後すぐに効果の得られるレーザー脱毛のメリットとデメリットを考慮して脱毛方法を選びましょう。

 

脱毛エステと医療脱毛の違い4つ

 

プロに任せる脱毛は、脱毛エステと医療脱毛がありますよね。
どちらも、ムダ毛を処理するというのは分かるのですが、そのはっきりとした違いって難しいですよね。
そこで、脱毛エステと医療脱毛との違いをご紹介しましょう。

 

脱毛エステとは、エステティックサロンで行われる脱毛で、フラッシュ脱毛やハイパースキン脱毛という方法が使われています。
医療脱毛は、医療用のレーザーを使っての脱毛で、脱毛エステよりもより脱毛力が強いものになっています。

 

料金としては、脱毛エステの方が安く、サロンごとにキャンペーンを展開しているので、とりあえず脱毛がどんなものか試してみたい方に人気があります。
逆に、医療脱毛は医師の監督のもとで脱毛が行われるので、料金も高くなってしまいます。
ただ、病院で行う脱毛ということもあって、万が一脱毛でお肌にトラブルが起こってもすぐに診療してもらえるので安心です。

 

痛みに関して、脱毛サロンでは、フラッシュの出力が弱いため、激痛を感じるということはあまりありません。
医療脱毛では、レーザーの出力が高いため、人によっては痛みを感じることが多くなっています。
痛みが強い人は、あらかじめ麻酔を打っての施術も可能なので、カウンセリング時に相談してみるといいですよ。

 

ミュゼプラチナム

【期間限定キャンペーン】

顔脱毛