脱毛サロンは施術方法によって仕組みが違う!

1)脱毛サロンの施術方法の仕組みの違い
脱毛サロンには大きく分けて3種類の脱毛方法があります。レーザー脱毛、フラッシュ(光)脱毛、針(ニードル)脱毛です。
これら3種類の施術方法をパターン別に分けようとすると2種類の分け方があります。
1つめの分け方は医療機関での脱毛と民間企業の脱毛で、レーザ脱毛は医療機関、他2つは民間企業の脱毛方法になります。
2つめの分け方は脱毛の施術方法です。
毛根の色素に反応して特定の照射を行うことで脱毛するレーザー脱毛、フラッシュ脱毛と、毛根に向けて毛穴から針を刺し、毛根を焼くニードル脱毛です。
1つめの分け方の違いは、保険適用、医療機関などの違いもあり、金額が異なります。
この金額の問題は、各店舗や、病院によって異なるので、事前に確認が必要です。
2つめは施術に向けての準備が異なり、続いてはこれについてご説明します。

 

2)脱毛サロンごとの事前準備の違い
レーザー脱毛、フラッシュ脱毛は、事前に毛をシェーバーか剃刀で剃っておく必要があります。
あらかじめ剃るのを忘れると、施術の際に剃ることになるため、傷が出来る可能性があるので施術が受けれなかったり、追加費用がかかったりします(追加費用はかからないサロンもあります)
逆にニードル脱毛の場合は、一本ずつピンセットで引っ張ってその横から針を通すので、事前に剃ってしまっていては施術が受けられません。
自分が予約している脱毛サロンはどちらのパターンなのか、事前にきちんと確認することが重要です。

ミュゼプラチナム

【期間限定キャンペーン】

顔脱毛